スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

城崎温泉でかにを満喫するなら

 いよいよかにシーズンも近づいてきました。

城崎温泉でかにといえばおもに松葉蟹のことをさします。松葉ガニとはズワイガニの地域での呼び名の一つで、山陰・但馬では「松葉蟹」、北陸では「越前ガニ」などと呼ばれています。

その松葉蟹の中でも近年では水揚げされた港ごとに「津居山ガニ」、「柴山ガニ」、「間人がに」などと呼ばれ、ブランド活け蟹として大変人気があります。

城崎温泉から一番近くで獲れるのが「津居山がに」。城崎からは車で5分程度と目と鼻の先にあります。
その他にも柴山や間人などの活け蟹が有名ですが、これらは丹後沖のかにの好漁場から比較的近く、新鮮なかにが獲れると人気です。

城崎温泉でかにを満喫するならやはり旅館でゆっくりと言うのが理想ではないでしょうか?
城崎温泉の旅館でかにで有名なのはやはり「かにかまくらの宿やなぎ荘」さん。
やなぎ荘さんでは活け蟹は柴山カがに、そして名物の塩釜焼きが二「かにかまくら」が絶大な人気を誇ります。建物などは古い旅館ですが、毎年そのかに料理を目当てにリピーターが訪れています。
料金も建物が古い分リーズナブルとなっていますので旅行で食事を重視する方にはお勧め出来ます。

その他にもたくさんの旅館がありますのでおって紹介していきたいと思います。
kinomobi * かに * 10:52 * comments(24) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ